《スタイリスト片倉利雄の Today's Fashion Plan》#4 リネンはやっぱり夏の主役

こんにちは、ガルダローバミラノの片倉利雄です。

GUARDAROBA MILANO公式YouTubeチャンネルでお馴染み、
スタイリスト・トシオの新企画がスタートします!

「今日は何着る?本日のファッションプラン」というテーマで、
ガルダローバミラノが提案するスタイルをメルマガでご紹介します。

インスタグラム上で発信してるコーディネートから
おススメの1枚をピックアップし、より詳細に深堀りしていきます。

今日のコーディネートはどうしよう?
そんなあなたの悩みに応える、気分がアガる!とっておきのスタイル♪
「大人の着こなし」のご参考になれば幸いです!




スタイリスト片倉利雄がお届けする
Today’s Fashion PLAN #4






「今日は麻シャツ着てきた」


つものポルシェでご来店、そんな常連のお客様の声で始まった本日の営業。
立場的にも、いつも身につけるものには意識を向けてらっしゃる方で、こうした季節感のメリハリを大事にしてらっしゃるところなど、いつも見習っております。

季節感って、自分が心地よくいられるだけでなく、相手にも気を遣ってるのが伝わるから大切にしたいポイント。

そしてなにより、春夏にリネンを着こなしている大人はやっぱりカッコいいです。






白のリネンシャツにジャケットを着て、細身のテーパードジーンズにタックイン。
ツヤのあるサントーニのウィングチップのシューズをサラッと履いて、小麦色に焼けた手首には繊細なデザインのブレスレット。

それほど多くの説明的な形容詞を使っているわけではないですが、イメージしていただけたでしょうか。
飾り気のない、これぞ大人の装いという感じですよね。
本日のテーマはコレです。








油断しがちな夏の「シンプル」に要注意


温が上がるにつれてシンプルになっていく服装。
暑くなって重ね着がしにくくなってきますから、当たり前ではあります。
しかしここで気をつけたいのは、「シンプル」と一口に言っても、手を抜くこととは大きく意味合いが異なるということです。

誤解を恐れずに言えば、多くの男性にとって、夏場におけるシンプルとラフの境界線はとても曖昧なもの。

わかりやすい例を挙げると、一昨年もヘビロテしていた色褪せてよれたシャツは、それはシンプルというよりもラフですよね。
(もちろん経年変化も大人の楽しみの一つではありますが、シャツに経年変化を求めるのは少し酷な気もします。)





理想とするのは、ラフではなく大人のシンプルです。
毎日のようにオシャレに気を遣うのはやっぱり疲れるけど、大人として、ある程度のラインはクリアしておきたいという読者の方が多いのではないでしょうか。

さあ出かけようというとき、夏の暑さと戦いながら選ぶ「これでいいや」よりも、「これがいい」を応援したい私たちとしては、夏場を代表する素材、リネンのアイテムを猛プッシュいたします。



リネンでバランスを整える


ネン素材のアイテムの中で最もその風合いを楽しめるのは、やっぱりシャツでしょうか。



私はリネンのシャツを思い浮かべると、洗濯洗剤のCMにありがちな、あの風になびく白いシャツを連想するのですが、リネンという素材は、それくらい清潔感や清涼感という言葉が似合うように思います。

リネンって、カジュアルなイメージがありますし、実際カジュアルなシーンで選ばれる機会が多いですが、全体のバランスを整えるのにとても使えるんです。
コットンのしなやかさには出せない、リネン特有の立体感が着こなしに幅を与えてくれるんですよね。

冒頭にご紹介したお客様のように、ジャケットと併せて着た場合には、ほどよく抜け感を出すのにとても役立ちます。
セットアップのスーツに、いつも通りのコットン生地のシャツを合わせるのではなく、あえてリネンで緊張感をほぐしてみると、空気感が一変します。

バンドカラーもよいアクセントです。




ネイビーベースの定番のカラーリング、可もなく不可もない定番の着こなしに対して、リネン素材のシャツをインナーとして使うことで、表情に変化をつけやすいのもそう。
このコーディネートだと、カーディガンを脱いでシャツ一枚になったとしても、首のボタンをさらに一つ開けて腕まくりをすれば、一気に主役になっちゃいます。




こちらは、清潔感のある白パンと野暮ったいジャケットのバランス感を中和させるのに、リネンシャツを使っています。
少し危うい着こなしではありますが、この絶妙な雰囲気って、オヤジにしか出せませんよね。






夏の大人の品格はリネンでつくれる


めて、リネンって何がカッコいいんだろうって考えると、やっぱり思い浮かぶのはこの独特の風合い。
フワッと軽やかな素材でありながら、夏の主役としてふさわしい存在感があります。

「夏の大人の品格はリネンでつくれる」はずです。

大人の皆様にはぜひ、見た目には涼しい、触ると柔らかい、上質なリネンシャツを着て夏を過ごしていただきたいです。

Shop now

You can use this element to add a quote, content...