《スタイリスト片倉利雄の Today's Fashion Plan》#6 可能性は無限大!迷ったら穿く大人の「白パン」

こんにちは、ガルダローバミラノの片倉利雄です。

GUARDAROBA MILANO公式YouTubeチャンネルでお馴染み、
スタイリスト・トシオの新企画!

「今日は何着る?本日のファッションプラン」というテーマで、
ガルダローバミラノが提案するスタイルをメルマガでご紹介します。

インスタグラム上で発信してるコーディネートから
おススメの1枚をピックアップし、より詳細に深堀りしていきます。

今日のコーディネートはどうしよう?
そんなあなたの悩みに応える、気分がアガる!とっておきのスタイル♪
「大人の着こなし」のご参考になれば幸いです!




スタイリスト片倉利雄がお届けする
Today's Fashion PLAN #6






履けないのではなく履かないんだ!


んなにオシャレな大人の男性でも敬遠しがちな代表アイテム、それが白パンである。
そう私は思っておりますが、皆様は白パンに対してどうのような印象をお持ちでしょうか。
一度も履いたことがない方も多いのではないかと思います。




履けないのではなく、履きたくないだけだという反論も聞こえてきそうですが、なぜ白パンはこんなにも敬遠されているのか。

一度食べてしまえば何杯も白飯が食えてしまうイナゴの佃煮のように、一度飛んでしまえば次からは楽しめるようになるバンジージャンプのように、なぜそんなにも敬遠していたのだろうとさえ思えてしまうくらい、履けばその魅力を楽しめるものなのに。

新しいパンツを買うときに視界から消えていた白パン。
はじめから存在していないかの如く、目の前にあってもスルーされる白パン。
この白パンを選択肢の一つとして意識していただけると、新しい可能性がたくさん見えてくるはずです。



白パンの可能性は大人の希望


ての色を均一に含んだ光の色、それが白。
だからこそ、どんな色にも溶け込み、周りを引き立ててくれる。

爽やかなトップスに合わせれば更に清潔感がプラスされ、落ち着いたジャケットなどに合わせれば紳士的な印象がグッと高まるのはそういうことですよね。

白は印象を明るくしてくれるだけでなく、あらゆるコーディネートに対してポジティブな影響を与えてくれますから、確実に味方につけたい存在です。
味方につけるも何も、白は全てを受け入れてくれますから、問題は自分がそれを身につけるかどうか。




ビビッドカラーやパステルカラーに、ネイビーやグレーなどのパンツと合わせても当然カッコよく着ることはできますが、どこか野暮ったさが残ってしまったり、くすんだ色合いになってしまうことってありませんか。

夏の明るい陽射しに似合うような、ピンクやイエローなどの発色のよいニットやシャツを着ようとしたとき、白パンという選択肢があれば、着合わせの可能性が広がります。

もちろん、手持ちのどんな色の服にも柔軟に馴染んでくれますから、白パンはマンネリ化した大人のファッションに希望を与えてくれる存在なのかもしれません。



羽織りモノでやわらげる


パンが良いのはわかるし、履きたい気持ちはあるのだけど、さすがにフレッシュさの度が過ぎて照れるという方。
羽織りモノでワンクッション置いて、白パンの爽やかさをやわらげるのはいかがでしょう。

夏のメインアイテムであるが故に白パンはシンプルコーデに使われがち。
重ね着をしない季節では、全身が明るい色味になってしまうと、どうしても落ち着かない感じがするのもわかります。

だからこそ、羽織りモノ。
カーディガン、パーカー、シャツジャケットなどのカジュアルなものと組み合わせてコーディネートすると、白の眩しさが抑えられるんです。



こんな感じで男らしさが強く出たサファリシャツなどと組み合わせると、どうでしょう。
白パンがあればしっかり大人っぽくまとまりますね。






何を着ていこうかと考える朝。

ベージュのチノパンも違う、グレーのスラックスもハマらない、ネイビーのイージーパンツもしっくりこない。

そんなとき、白のパンツが朝のモヤモヤをあっさり解決してくれるはずです。

Shop now

You can use this element to add a quote, content...